月別アーカイブ: 8月 2011

第4世代が続々と発売され始める。

ハーモニーchap2買ったから試したらレポするわ。
合法ハーブって他のものと組み合わせると結構別世界いけるよな。
エトランゼって、第2世代の頃と比べてどうなん?
原価とかより自分が納得するかどうかだろ。酒よりは安く飛べるんじゃないか?まあ頭いたくなるから三回やってやめたけどな。
週に一回とかなら頭痛なんてないだろ。
焚くならケアもちゃんとしろよ。プロテインでもいいし、サプリでもいいし。
サプリなんていらなくねっていつも思う。
エスケのブルーって3世代の時にもあった?グリーン結構好きなんだけどトビは軽くてマンチや音がいい感じ。毎日焚くけど水パイプだからか重いのはすぐストーンするから。ふわふわ感がいい感じ。
君たち、合法ハーブは吸ったらだめだよ、お香でしょ?香りを楽しむんじゃないの?
GT dejavu 3種類買ってみたぞ。リーフはどれも同じようにみえるがたまに混じっている花びらの色は違う。匂いも違うね。形状はふわふわ系かな。FANTASYはアッパーめ?結構強い。FREEZEも重い。かなり強い。QUESTは強さはまあまあだが方向性どっちつかず。おすすめはFREEZEかな。個人的には。時間はどれも3時間くらいだと思うよ。まあどれも悪くないのでFREEZE気に入れば他のもいってみればって感じ。
依存してるって自覚があるならまだやめれる。週一くらいにしとけ。やばいのは毎日たくのがあたりまえのジャンキー。
依存するほどのものなのか?
少なくともタバコなみにある。日中はタバコ、夜は一服が生活化するが1ヶ月立つ前に飽きる。
多幸感を得るのに多幸感を失うことしてどうすんだってことだろ。
昨日新商品試したけど、いいな。第3世代の劣化が意味わかんねぇ…第1、第2世代が好きだったやつは第4世代の合法ハーブもいける。
具体的には何を試してどうだったんですか?
新商品3つ試してみた。第3世代より確実に長い、強い。質は耐性つきまくりでどれも一緒みたいなもんだけど、規制前完全耐性ついてる俺には第4世代の合法ハーブの方がベター。
強さ
刀斬>アステカ>infinity
斬は最後のほうケミカル物質が大量だった。パイプまんぱんに粉。とにかくきつくしようと必死なんだなw
だれかラブスマイルためしたやついないか?スマイル規制前に試したとき、思考が飛んだり、視覚に来たりしてまぁまぁだったんだが。飛びは浅いが、ソフトな感じがナチュラルさを際立たせるように僕は思う。今は全然やってないし、このままスルーするのもありだけど。
商標間違えた。今調べたらピーススマイルだったわ。
スマイルは何種類かあって、売ってたのが世界で流通してた。他はカス。ピーススマイルもカス。
ハーモニーchap2試したけど耐性なんてほとんどないのに4回ほど焚いてもなんともない。30分たつけどセッティングが悪かったんかなあ。
セッティング云々じゃなくてハーモニーって昔から超弱いシリーズだろ。あんなのただの雑草と変わらんよ。
第4世代楽しみ。
第4世代の合法ハーブをレポ。基本スペック、パイプ使用。第3世代、週一で焚いてた。
ハートⅡ、噂に違わぬ荒ぶりよう。じゃじゃ馬っすね。ただ、30分程度で危険ゾーン乗り越える。乗りこなせばかなり良い合法ハーブにも思える。意外と短め。1時間で抜けた。
カーニバル、私見、カーニバルは第3世代よりも強い。あと、2時間弱あるから、第4世代じゃかなり長い方じゃないかな。ハートⅡの瞬間的な強さに比べると弱いけど、全体的に長くて強くて、ハートⅡよりオススメ。
スカーレット、これも結構強め。でもズドンと来る訳じゃないから、扱いやすい。安定感あってバランスが良い。目に来る。
んで、これからブッダ焚いてみる。
第3世代も出始めの頃は高評価レポが多かった。しかしだんだんとクソ扱いされるようになり、最後には否定的な話ばかりになってた。まだまだ様子見。
ホント第3世代の合法ハーブから強さや長さの話しかでなくなったな。
はじめだけ強くして売ってたりして、副作用が出すぎるのを防ぐためどんどん弱くしてたり。
耐性の付いたジャンキーがクソ扱いしてただけじゃないの?
一理あるな。
世代が変わった直後の評価がいい理由。
1.新鮮だから。今までと違う成分故に耐性もなく新鮮な感覚を味わえるため。
2.ショップの自作自演。とにかく新製品を売る必要があるが情報が出回っていないため。宣伝も兼ねた自演レポを投下。
しばらくすると悪い評価が増える理由
1.ジャンキー参入
以前の世代の合法ハーブをストックしていた連中も手を出し始めて比較されることが多くなる。
2.耐性バリバリ。耐性ついて気持よく飛べなくなる。
3.飽きる。そのまま。
第3世代は当初「強い!長い!」とやたら評価されていたが、耐性がつきやすくトビの質も前世代より劣化していたためウンコ世代扱いに。
グリーンジンジャー安くていいぜ。

合法ドラッグとは?

合法ドラッグとは、違法でない、つまり法律に基づく取締りの対象になっていない薬物。麻薬と同様の効果を持つ物質を指す。合法ドラッグとも呼ばれる。厚生労働省は違法ドラッグと呼称している。使用者は、人体に対し違法な麻薬より危険な可能性もあるのに、遵法精神を持っているからこそこれらの物質を使っているとの意味を込め、遵法ドラッグと呼称している。対応する法律が無いため、所持や摂取、売買は禁止されていない。ただし人体摂取目的に販売した場合薬事法違反となる。アダルトショップやインターネット上で、法に抵触しないよう、クリーナーや芳香剤、研究用試薬、観賞用などと謳って販売されていることがある。しかし、いかなる名目であっても、人体への摂取を目的として販売すれば違法である。合法ドラッグの該当性基準は明確ではない。吸飲や経口等で摂取し、幻覚を感じる、興奮する、ゆったりする、酒のように酔う等の効果を持つ薬物と言われている。例として、強い効果を持つ合法ドラッグであった2C-T-7は五感の歪みや幻覚を感じ、弱い効果を持つラッシュは数分程度の間酩酊感を得る。日本において、合法ドラッグが登場し始めたのは1990年代の後半とされ、2000年頃インターネットの普及などに伴い濫用が広がったとされる。

▼分類
合法ドラッグは、その化学構造や性質、形状などにより大まかな分類がされている。
法ドラッグの多くは試薬などの名目で販売されている。これらはケミカルドラッグと呼ばれ、デザイナードラッグと同意の用語として使われる。場合により、スマートドラッグとも呼ばれる。形状は粉末状の物が多く、液状や錠剤の物もある。結晶状の合法ドラッグは計量器を使わない場合正確な計量が難しく、使用者にはオーバードースの危険が伴う。摂取方法は主に経口である。フェネチルアミン骨格を持ち、幻覚剤としてレクリエーション目的に使用される合法ドラッグは、フェネチルアミン系と呼ばれる。トリプタミン系と同様、多数のドラッグがフェネチルアミン系であり、アンフェタミン、メスカリン、MDMA、MBDB、2C-B、2C-T-7などは覚せい剤もしくは麻薬指定されている。興奮剤的作用をする物が多く、覚せい剤やエクスタシーのデザイナードラッグと評される。観賞用やお香などの名目で販売され、レクリエーション目的に使用される植物や植物加工品などの合法ドラッグはナチュラルドラッグと呼ばれる。ナチュラルドラッグにも、遅効性のドラッグが多く存在し、オーバードースの危険が伴う。有効成分がトリプタミン系やフェネチルアミン系に分類される物も多い。摂取方法は経口や喫煙である。麻薬指定された著名なナチュラルドラッグはマジックマッシュルームである。マオウやエフェドリンが含まれている薬物はエフェドラ系と呼ばれる。主に、ダイエット薬やサプリメントなどの名目で販売され、1990年代からアメリカ合衆国を中心に流行し始めた。マオウ自体にエフェドリンが含まれていて、エフェドリンはフェネチルアミン系であり興奮剤的効果を持つ。また、エフェドリンは多くの国で規制物質となっている。日本でも、質量比10%を超える製品は、覚せい剤取締法により、覚せい剤原料として規制されている。亜硝酸エステルを主成分としている合法ドラッグは、ニトライト系もしくは亜硝酸エステル類と呼ばれ、お香やクリーナー名目で販売されている。気化したドラッグを経鼻摂取する。使用により酩酊感が得られ、オーガズム時に摂取するとその快感が上昇する。著名な物はラッシュ。使用により血圧低下が起こり、循環器に障害を残す場合がある。

▼日本において
取り締まりはおもに厚生労働省により行われる。また、それぞれの地方自治体による条例でドラッグを取り締まることができ、東京都による取り組みが著名である。地方自治体の条例に基づく取り締まりは保健所もしくは警察が実施する。日本には、後述するアメリカ合衆国の連邦類似物質法に相当する法律がないうえ、現行の法制度では規制物質の一括指定や包括指定を行えないため、合法ドラッグを取り締まるのが比較的困難である。2005年2月25日以降は、厚生労働省による合法ドラッグに対する取り締まりが強化されている。合法ドラッグとされる薬物の中には、化学的構造が覚醒剤やLSDに似た物質、トリプタミン系やフェネチルアミン系のような麻薬や覚せい剤と同系列の物質も多々あるが、完全には同一でないため新たに麻薬若しくは覚せい剤指定しない限り規制することは出来ない。そのため以前では、個々の麻薬・覚せい剤の指定をした後、麻薬及び向精神薬取締法・覚せい剤取締法での規制対応が主たる取り締まりであった。しかしこの強化により、芳香剤、研究用試薬、観賞用などの名目で合法ドラッグを販売をしている輸入販売業者に対して、薬事法に基づく指導・告発も併用した取り締まりを行うようになった。これにより、業者の多くは広告掲載や販売を停止し、日本における合法ドラッグ市場は縮小しつつある。この取り締まり強化は、厚生労働省による関連行政への通知にて徹底された。この通知では、摂取目的で販売されている合法ドラッグは薬事法違反にあたることを明言している。厚生労働省は「合法ドラッグ」の呼称を「違法ドラッグ」に切り替えた。これは2005年9月22日に行われた厚生労働省主催の検討会「第5回合法ドラッグ対策のあり方に関する検討会」中で、提案された意見に沿った物である。同検討会は、合法ドラッグは薬事法にもとづけば違法であるとの考え方のもとで、呼称の切り替えを提案した。2006年「薬事法の一部を改正する法律案」の提出と薬事法改正2006年3月7日、第164回通常国会に厚生労働省は「薬事法の一部を改正する法律案」を提出した。これは、「合法ドラッグ対策のあり方に関する検討会」と「医薬品販売制度改正検討部会」の提言を踏まえて提出されている。改正案提出の理由として「医薬品販売制度などの見直し」と「合法ドラッグへの対策強化」が挙げられた。6月8日に改正案は可決され、6月14日に公布された。「合法ドラッグへの対策強化」としての改正法は2007年4月1日に施行された。この改正により、合法ドラッグ対策として「指定薬物」という新たな区分が設けられた。危険性の高い合法ドラッグを厚生労働大臣は薬事・食品衛生審議会の意見に基づき指定薬物に指定することが出来る。そして、指定薬物は医療等の用途を除いて製造や輸入やその広告が禁止され、行政は指定薬物の検査・廃棄・回収・立入検査などを行える。また、指定薬物の製造・輸入・販売・授与・販売・授与の目的で貯蔵・陳列には罰則が設けられる。この改正薬事法により、指定薬物の栽培、生産に精製や蒸留、個人輸入や販売などは、明確な犯罪となる。また、「指定薬物」への指定は麻薬や覚せい剤の指定より短期間で行われるため、行政は合法ドラッグに対してより迅速に対策を取る事ができるようになる。

▼東京都による取り組み
東京都は合法ドラッグへの取り組みとして、東京都薬物の濫用防止に関する条例を制定した。この条例は「合法ドラッグ条例」ともよばれる。2005年3月31日に公布され4月1日に施行、6月1日に運用され始められ、日本の地方自治体では初めてとなる合法ドラッグに対する条例となった。この条例では大麻取締法、覚せい剤取締法、麻薬及び向精神薬取締法、あへん法及び毒物及び劇物取締法における規制物質ではなく、向精神作用があり濫用に危険性が伴うドラッグのうち、濫用の危険性があるもしくは濫用されているドラッグを、東京都知事が「知事指定薬物」に指定することが出来る。知事指定薬物は製造、栽培、販売、授与、販売又は授与が禁止され、2年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金がこの条例における最大刑となっている。知事指定薬物への指定対応は、国の対応に比べて短期間で行われている。そのため東京都において2C-I、MBDBなどは、国より先に東京都知事指定薬物として規制された。

▼アメリカ合衆国において
アメリカ合衆国におけるドラッグの取り組みをおこなう法執行機関は、アメリカ司法省麻薬取締局であり、部分的に食品医薬品局や連邦捜査局が執り行う。また、それぞれの州法及び市法に基づき、それぞれの法執行機関がドラッグに対する取り組みをおこなう。(関連:アメリカの警察、アメリカ合衆国の政治)連邦法としては規制物質法があり、それに連邦類似物質法(Federal Analog Act)が内包されている。規制物質法は、薬物を5つの分類(スケジュールIからスケジュールV)に分け、それぞれの取り扱いを規定している。また、連邦類似物質法はスケジュールIおよびIIに、化学的もしくは薬理作用が類似した物質を取り締まることが出来る内容となっている。アメリカでは日本語における「合法ドラッグ」にあてはまる概念として、「デザイナードラッグ」と言う言葉がよく用いられる。しかしながら、「合法ドラッグ」と全く同じ意味ではなく、主にケミカルドラッグである合法ドラッグを言及する際にこの用語は用いられる。ウェブ・トリップ作戦(Operation Web Tryp)とよばれる麻薬取締局による作戦行動が2004年に行われた。これは、2004年7月21日に終了し、10人を逮捕している。規制物質法におけるスケジュール及び規制されていないものの連邦類似物質法に照らし合わせれば合法性に疑問がある、トリプタミン系及びフェネチルアミン系ドラッグを流通させた疑いのあるウェブサイトの調査を目的としていた。ウェブサイトの売買は、「研究用化学薬品」の売買として知られるようになっていた。これらの販売は、合法的な産業目的や研究目的よりむしろレクリエーション使用の為に行われており、「研究用化学薬品」の名目は事実の隠蔽を意図した歪曲的な表現であった。5つのウェブサイトがウェブ・トリップ作戦により取り締まられ、管理者が逮捕された。これらのサイトを以下に示す。
なお現在合法ドラッグは脱法ドラッグと言われています。

耐性はすぐにつくもの?

LU夢、もう試した猛者はまだいないのか?
Fly Agaricって試した方いらっしゃいますか?
TのTOPにでてる充電って試した人いる?
アロマは見つけたんだけど、旧アビルサブラが解らない…もう一声ヒントくれませんか?
アロマが解りません、教えてくださいお願いします!!
ウチの所の行政さんは何故か大麻汚染に敏感だ。このままだととばっちりで都条例で厳罰化とかになるかもしれん。
それを考えるとおやつ感覚のスパイス系もまずくなるんだろうかね。
いや、今のままでも「安全」ではないというのは分かってます
随分品薄だwおまけに高いw
合法ドラッグ、合法ハーブを焚きだして約一年… もう強いっていわれてきたものが全部利かなくなってきた。そろそろ潮時なのかもしれないですね神様。
いかにも。もうやめろ。
残念ですがもう合法ハーブはやめてまっとうな人生の道に戻ります。
臭いし煙は熱いし多幸感なんか全然なかったけどでも一年間お世話になりましたありがとうスパイス。
規制がかかる日が遠くある事をお祈り致します。
まだ耐性ついてない皆様方!まだまだダメな所の多いスパイス系ですがこれからも愛でてやって下さいまし。
人柱覚悟でカクテルレポするわ。
まぁ正直あきただけですw
四日前?から毎日スパイス関連焚いてるんだけど、きまったのは初体験の一日目だけでそれ以降は1グラム近く焚いても全然こない。
耐性付くには早過ぎるような気がするのだけどやはり1、2日は抜きするべきですか?道具はパイプ&手巻きのジョイントフィルターなしです。
耐性は一日でつく。2日以降吸っても頭がぼやっとするのが続くだけであまりいい気分じゃない。
最低でも3日は抜きたいね。漏れは出来てないけど。2週間くらい合法ハーブを炊きまくりです。。
レスありがとうございます。一日でつくんだね。わたしも抜きしなきゃなぁ…;
スモク?ぶっちゃけあれどうなの?いいって話を聞いた時がないぞ。
煙はむせるだけで弱い。メンソールのいい香りがするんだけどコスパ悪いね。
国内サイトでやたら高いからいいのかと思ったら糞なのか…wてかセンスってパッケージデザイン2つあるよね?
センスってだけのとセンスの文字背景にモミジみたいなの描いてある奴、なんか違うの?
バナナパラダイスXOって知ってる人いる?あれのパウダーってどう使うの??
最近ネットで合法ハーブを買った奴に質問。今、注文したら何日で届く?
あとアッパーなのや幻覚系よりダウナーの方が良いんだが、どれが値段的にも効果的にもオススメ?
調べてもいろいろあってどれがいいかわからん……軽いダウナーなのが欲しいんだが。
サンペドロってオナに向いてますか?
一時期なにやってもあんまりキマらなくなったけど、ひと月ぐらい忙しくて久々にやったら普通に効くね。
効かないのは連続でやりすぎなだけかな。2週近く開けた方がいいのかな。
まぁ個人差はあるだろうけど…
ダッグアウトっていうキセルみたいな喫煙具が便利だ。ネタ入れにもなっててライター持ってればどこでもちょっとずつ吸えるようになってる。
スパゴ感覚で煙を吸ったら喉が焼けるように痛かった。量はスパゴよりずっと少なくても良さそう。強引に持ってく感じだった。
でもやっぱ、眠くなっちゃうし抜け悪いのは変わらず。
エコサート承認の草でないものかねえ。やっぱ海外だけかね。
スパゴって海外では普通にお店とかで売ってるの?
ヘボライザーとかでマオウ数gでバリバリなる?
国内でSK安く売ってくんないかなあ。
今度アロマで注文しようとおもうのですが、ちゃんと届くのでしょうか?
おしえてください、お願いします!
ブラントってうまく吸えたためしがない。パイプは凡愚より少量でいいけどのどにくる。
合法ハーブを注文して1週間とどかないんだけど!なんでかな!いつもは四日とかで届いたのに。
わたしも届いてないよ。発送連絡から6日目wでもメールしたら。今週中には着るって言われました。
投函するのが注文日の10日後くらいのことがある。飛びまくって月日が経っているんだろうきっと。
まあ、あそこは届くのは確実っぽいし届かなければそれなりの対応をしてくれるはず。のんびり待とう。
ガラススクリーンの使い方がこれ見てもさっぱりわかりません。ブラススクリーンは想像つくんですが……沈めればいいんですか?
ウッドローズだぁ!この手のものってどうなん?
味噌汁に入れて食う。
合法ハーブらしいけど飲んだことある人いるのかな?あんまり聞かないけど。